auひかりマンション(ミニギガ)契約ならコレ!おすすめプロバイダ一覧

auひかりのマンションタイプ(ミニギガ)での契約を考えている方にキャッシュバックが良いプロバイダをご紹介しています!

  • TOP PAGE
  • auスマートバリューの申し込みをする場

auスマートバリューの申し込みをする場

auスマートバリューの申し込みをする場合に心配だったのは、回線の早さでした。
無線の為、自分が住む状況にかなり影響されるのではないかと感じたからです。正式に契約する前に、試しに使ってみて実際の速度を確かめることができました。十分な早さだったので、直ちに契約しました。

auひかりは最低でもランニングコストが3000円程度かかりますが、何台か持っている場合には、特典として500円割引になります。
そして、契約事務手数料や解約金がサービスされたりと、それ以降の契約が得になります。

なので、今からは、au、docomo、softbankの代替として、広まっていくと思われます。ずっとギガ得プランを光回線に変えることで、Youtubeを中心とする動画サイトも滞ることなく観る事が可能になると考えられます。速くない回線だと動画が止まってしまったり、大きなファイルを送信したい場合にかなりの時間を要しますので、光回線のような高速ミニギガ回線を使うことをおすすめします。

auひかりに乗り換えるなら、今の携帯料金に比べて結構安くなるとの触れ込みです。
しかしながら、本当に安くなるとは限らないのです。


また、パケ放題はプランになく、他社と同様に最大でも7GBまでの制限付きで6千円程度かかりますので、お得な感じはしないこともあります。


現在使っている携帯の2年縛りの契約が終えたら、次にどうするか迷っています。

ワイモバイルというものがあるのを知りネットで確認しているのですが、下取りキャンペーンというものが実施されていることを知ることになりました。



下取りのお金がかなり気になります。金額がよければ、下取りもいいかもしれません。普段からauひかり回線を活用しているのならIP電話を使用するとお得で利便性があります。光ミニギガ回線を使用するので、一般の電話のように音声データを何べんも中継しなくても大丈夫です。
それで、電話料金が安くなり、auひかり次第で変わりますが、月額の基本料金が電話回線よりも安くすむ場合がほぼ全部です。

wimaxにはいろいろなタイプのブロバイダがあり、その中には初期費用の完全無料のもの、そのうえ端末代金までが完全に無料のプロバイダがいくつもあります。回線においてはauひかりによる速度差がないので、出費を極力抑えたい方はできる限りお得なauひかりを選ぶと望み通りになるかもしれません。wimaxのご契約の期間には一年契約と二年契約のどちらかをお選び頂けます。一年契約の場合は、毎年の更新がきます点が利点です。


ご注意点としまして、キャンペーンのほとんどは二年契約の方だけに適用されますので、その点がデメリットと言えます。逆を言いますと、二年契約は大変魅力的なキャンペーンを利用することが出来ますが、二年間は、解約、プラン変更ができません。

関連記事

メニュー

auひかりのおすすめプロバイダまとめ【マンションタイプ(ミニギガ)編】

Copyright (c) 2014 auひかりマンション(ミニギガ)契約ならコレ!おすすめプロバイダ一覧 All rights reserved.